カテゴリ:日記( 226 )

あら

 なにやらスッキリした絵面になっているのは、なぜだろうか、背景の画像が消えてしまった。
 このところ、フェイスブックの投稿が便利で手軽なので、ついついメモ的にアップしてしまい、ブログに手が回らずにいた。

 でも、ブログの良さはまったく別物で、日記なのだ。
 フェイスブックもツイッターも手軽だけれど、後からの検索が手軽ゆえに数がかさばり難しくなってしまう。
 その点ブログは、1年前の1月1日にもパッといけるところが、優れている、と思う。

 そんなこともありつつ、フェイスブックは見られる範囲を設定しているが、ブログはそれができないので、個人的な行動の詳細や写真には、気を使わねばならない。

 また、反応も鈍いので「やる気」に拍車がかからない部分もある。
 日記にやる気を求めるのはヘンではあるのだけれどね。

 と言う、いい面のいい部分を考えて、また続けていこうと思います。
[PR]
by sanponideyou | 2016-12-08 17:09 | 日記

2015年5月1日となり

まさか、去年で止まっていたとは、天青に行ったのはつい昨日のことのようなのに、びっくりです。
今年は、穏やかに過ごせているということなのかもしれません。

仕事の忙しさは、変わらずですがわりと気分が静かで居られる日が多いように思います。

写真もフェイスブックにけっこう大量にアップしているので、ブログにも載せていきたいとも考えるのですが、さて、あらたまってしまうと、なんとなくまとまりがなっくなってしまい、きっと、遠ざかりすぎたせいでしょう。

また、ちまちまマイペースで書いていきます。

d0170324_18442142.jpg


アイスの欠かせない毎日^^
[PR]
by sanponideyou | 2015-05-01 18:44 | 日記

ひな祭り

 三月三日は雛祭り。
 普通に出勤電車に揺られて仕事をしていると忘れてしまいそう。クリスマスやハロウィンほど世の中は騒いでいない気がする。
 騒いでる温度にすると、クリスマスが40度なら、雛祭りは38度、平熱よりはちょっと高い。並べるなら「母の日」や「父の日」、その中間がバレンタインの39度って感じでしょうか。

 一応、飾りました、おひな様。

d0170324_1441297.jpg

[PR]
by sanponideyou | 2014-03-03 14:46 | 日記

師走の銀座から

 母の入院が長引き、日々慌ただしく過ごしています。

 毎日、日吉の家から銀座に出社し、仕事が終わると飛ぶように有楽町駅に走り、入院先の立川へと東京駅経由で中央線に乗り込みます。
 母の顔を見て、また、立川から南武線で武蔵小杉に出て東横線に乗換えて日吉に帰ると、月も星もまばゆい夜になっています。

 土日は、早い時間から病院に行きます。

 それでも、12月に入り、病状が安定してきて日吉に帰って寝ていても、夜中や早朝の電話におびえることはなくなったので、ずいぶん気は楽になりました。

 職場の仲間と家族以外に誰とも会えない日が夏から続いていましたが、ここにきて、多少心の余裕が生まれたのと、時節柄もあり忘年会にちょこちょこと参加したりしています。

 今、母は病棟から療養棟にベッドが移り、嚥下の訓練がはじまろうとしています。ただ、3ヶ月以上も点滴のみが続いていたので、楽観はできない状態です。

 何も口にせず何ヶ月も!わたしには信じられない、母はよくがんばっています。

 これから、どのような状況が待ち受けているのかわかりませんが、たくさんのことをこの数ヶ月で経験しました。

 まだ、これからです。

 危機的状況ではなくなったので、自分の生活と母の療養生活をどう折り合いをつけて行くか考えながら、これからは少し無理を軽減できるように方法を探って行きたいと思っています。

 わたしが余裕をもたないと、やさしくいるために。

 残り少ない12月を楽しんで過ごしましょう。

d0170324_17151061.jpg

[PR]
by sanponideyou | 2013-12-12 17:18 | 日記

記録的にあつい夏

 夏休みがないのは、もう、毎度の事で、20代からこの稼業なもので休みをとった事がないのです。
 でも、今年はそんなわたしでもアゴが出る暑さで、頭がうまく働かない、体力も限界な感じです、と職場からブログをアップしている次第で。

 今日は終戦の日です。戦没者のご冥福をお祈りします。
 加えて、たくさんの亡くなられた方々の魂よ、安らかに、とお祈りいたします。この歳になると、彼岸に召された知り合いも多く、この時期はいろいろ物思いにふけります。

 仕事で忙しいくらいが、かえって良いのかもしれません。と、多少強がりではありますが。

 さて、フェイスブックでつぶやき倒している関係で、こちらがお留守になっています、ごめんなさい。

 今日は夏休みモードの銀座の写真など。

d0170324_15422335.jpg

 *銀座並木通りに出現した期間限定のショップ*

d0170324_15432541.jpg

d0170324_15435324.jpg

 *松屋ギンザではエヴァンゲリオン展でアキバの熱気*

d0170324_15445598.jpg

 *日曜まででしたがキルフェボンはピーチ祭り*

 夏休み、ひたすら仕事しているわたしの楽しみは、時間を作って足しげく通うマッサージと、晩酌(と言っても深夜ですが)のビールだったりします。

 ビールのお供はなるべく野菜を食べるように
d0170324_15473228.jpg

 こんな感じだったり
d0170324_1548429.jpg

 谷中を冷蔵庫で甘酢に浸して常備していたり

 そんな感じで、日々奮闘しています。

 9月に入れば、仕事も落ち着くかと思われます。

 秋風とともに思いだして、お誘いくださいね。

 では、また!
[PR]
by sanponideyou | 2013-08-15 15:50 | 日記

4月9日の気分

 世の中は、今日が入学式というところも多かったようですが、バスや電車に乗ったりすると、落ち着かない様子の新一年生や新社会人を見かけます。
 日吉の駅は、朝の待ち合わせや、夜の新歓コンパの酔っぱらいや、ごおおおって感じで騒々しい春のはじまりです。

 わたしがそうだった頃と考えて、なにか思い出す事は?と、いろいろ記憶を辿りましたが、なにせ小学校も中学校もやたらと転校が多かったので、新学期が薄れてよく思い出せません。

 中学なんて3回転校なので、1年未満のジプシー学生生活でした。別にどさ回りの一座にいたとかではありません。

 ひとつ思い出したのですが、背が高かったのと、無愛想に見えたのでやたらと女子にモテた中学時代でした。
 ほとんど、笑うってことをしない子だったような。いつから、こんなに愛想のいい女になったものやら、面白いですね。

 そう言えば、誰の言葉か「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しくなるのだ」ってのを唐突にひらめきました。
 わたしは、あまり子供時代を楽しく過ごしていないのかもしれません。だから、思い出す事がないのかも。
 べつに暗いはなしではないのですよ。楽しむのことに消極的だっただけで、苦しい事があったってのでは、ないのです。誤解なきよう。

 学生時代って、いい先生との出会い、素晴らしい友との出会い、なんの利害関係がない知り合いを作るチャンスなんですよね。
 わたしは、高校生になってはじめて落ち着いた環境(転校がない)になり、やっと生涯の友を得ました。その後は、どんどん、たくさんの友人と関係を築いてきました。

 遅いスタートでしたが、とは言え、この歳になればさなぎで居たのなんて、ほんの少しの時間です。
 そう、学生時代なんて、たかだか16年かそこいら、その後のどれだけ長い事か。だからこそドラマに満ちているのでしょうね。遅くとも気づけて良かったです。

 学生時代の友人に、連絡をとってみませんか。このシーズンに。

 時々思います。わたしは、ラッキーだなって。そう思える日が1日でも多く送れたらと強く思う事が、更なるラッキーの呼び水なのだと。

 つらつら書きました。ポジティブな今日のわたしです。明日は。。。
[PR]
by sanponideyou | 2013-04-09 21:20 | 日記

春爛漫

 久しぶりに、のんびりと急ぎ仕事を持ち帰っていない週末です。
 しかし、また冬に逆戻りしたような肌寒さです。

 一日引き蘢って、テレビと本と手紙と、そんな土曜日です。

 今週は本当にばたばたしていて、肩こりと頭痛と耳鳴りと腰痛と目の痛みで、疲労感マックスでした。おまけに花粉症まで。

 まあ、五十路も半ば、これでもトラブルの少ない丈夫な体のデキではないかと思います、たぶん。

 今の職場に変わってからも、このブログをエキサイトに引っ越して来てからも4年目の春に入りました。
 世の中的にも、自分に関しても、なんだか3月は変化が多いのです。日吉に引っ越したのも3月だったし。
 私の中のDNAに「春にスタートせよ」と信号が組み込まれているのかな、なんて思ってしまいます。

 厚いコートを脱ぎ、気持ちも軽やかに再スタート、いろんな事をリセットしたり、新たに築き上げたり、あえてそのように。

 写真は銀座のウィンドーです。クリスマスほどじゃないけれど、春めいたお店のファサードをながめるのも目の保養です。

 
d0170324_17531662.jpg

 
 
d0170324_17533687.jpg

[PR]
by sanponideyou | 2013-03-30 18:11 | 日記

三月十六夜

 大変ご無沙汰しています。
 元気にしています。

 毎年のごとく、あの震災の後でさえ、満開に咲き誇り眩しく輝いてくれた、そこかしこの桜とともに春の訪れに感謝しています。

 さて、電車の中からの更新なので、ちまちまと進めて書いて行きます。

d0170324_13125033.jpg

 *日吉台公園の桜*

 昨日は雨の中パレードする歌舞伎役者さんたちをオフィスからのぞいていましたが、すごい人でした。
 年配の方も多く、昨日はとくに冷え込んでいたので、はたながら心配になってしまいました。
[PR]
by sanponideyou | 2013-03-28 08:39 | 日記

節分

 早いもので、2013年1ヶ月を過ぎ節分の日となりました。
 豆まきはしませんし、関東人として育ったので恵方巻きも食べませんが、なんとなく「お尻がもぞもぞ」するような、なにか「変わらないといけない」感に朝から疲れています。
 気にしないそぶりで、めちゃめちゃ気にしい、やっかいな性格です。
 いっそ、保母さんになってたら、もれなく年中行事を謳歌できただろうに、なにかを考え絵を書いたり文にしたりデザインにまとめる仕事に就いてしまいました。

 それで、節分のまず手始めにブログをアップしています。

 それと今年の目標は「愛嬌のある人になる」ことです。これは先月、海外ドラマを見ていて思いつきました。
 そのドラマは「キャッスル」です。キャッスルの魅力の一番はハンサムなことでも、売れっ子の小説家なことでも、お金持ちなことでもなく、感じたのです。
 キャッスルは小説家で捜査官ベケットをモデルにして小説を書くために捜査にアドバイザーとして参加するのだけれど、彼に捜査協力の最たるものは、誰もが驚く人物とのコネクション。
 まあ、それだから捜査に参加することもできたのだけれど。
 天才詐欺師にでもなれそうな人たらしの話術と子供っぽい表情がなんとも魅力的で、ふと「男は愛嬌」って思ってしまったのです。
 そのすぐ後に「女も愛嬌」って、思って目標にかかげたわけです。

 そのキャッスルの愛嬌について、昨日見た話では「人はお金を持つと性格が変わるのではない、性格がより強く出るだけ」というセリフがあって、ベケットに「じゃあ、あなたはどんな性格が強くなったの?」と聞かれ、「子供っぽいところ」と答える。
 大人のウィットにとんだ会話もでき、無邪気に探求する心をもった1人の男、いいなあ〜って。
 で、ここで、こんな人と出会いたいではなく、自分がこんな人になりたいと思うところが、どうもわたしの屈折した部分かもしれないのです。

 それで、話は最初にもどり、愛嬌のある人は人をハッピーにさせる力を持っていて、そして、ハッピーになってくれた人の笑顔で自分自身がまたハッピーになれる。
 ぐるぐるとハッピーの連鎖が起こると、いろんな事がスムーズに運ぶようになる。

 そんなふうに思ったのでした。

 でも、そう掲げた翌週には、忙しさのあまり眉間に皺をよせて、ニコリともしない1日を送っていたりしたのですが・・・、でも、「そうだ、明日はご機嫌さんで過ごそう」と思って、実際そうした日になりました。

 自分が機嫌良く過ごすには、周囲が不機嫌では無理なのです。そう思った時、また一つの映画を思い出しました「アメリ」です。
 主人公アメリは、人を幸せにすることが最大の義務と思っているカフェのウェートレスです。
 その結果、アメリ自身も幸せになります。

 日々をゲームと捉えて、愛嬌よくご機嫌でゲームのテーブルにつく、さえないカードがまわって来ても、それは自分が引いたカードではない、実力とカードにはなにも関連性はない、いいカードが手に入ったときはラッキーだと心から喜ぶ、勝ち負けは死ぬ一瞬前までわからない。
 何となく思うのだけれど、一喜一憂しないこと、それが「愛嬌のある人でいる」事の奥義かもしれない。

 ・・・まあ、そんなことを考えている日曜の午後です。

d0170324_11582638.jpg

 *友達のグラフィックデザイナーが銀座に来てくれて一緒に東京駅見物*

d0170324_1159256.jpg

 *この赤いダウンはルビイさんと元町でお買物したときので大活躍*

d0170324_1201627.jpg

 *ひろとんと新年会、関内のワイン屋そして中華街裏ノロマなヒトデという店へ*

d0170324_122399.jpg

 *銀座にまた期間限定のジャックの店ができたボスは行列に並ばないよね*

 忘年会が体調不良でお流れにした分、新年会をやたらと毎週やっていました。それでも、まだ会っていない、会いたい人がいっぱいいます。
 なかなかお誘いがくると「はいはい〜」といくのですが、こちらから「来週あたり、どう?!」とは仕事の予定も見えなくて誘っておいてこっちから延期にするのも・・・と、約束しにくくなっています。
 なので、しつこく誘ってください。よろしくお願いします。断っても見捨てないでね。
 って、誰に言っているものやら、まあ、そんな感じで脈略ないだらだら日記、今日はここまで!
[PR]
by sanponideyou | 2013-02-03 12:09 | 日記

晴れのち雨のち初雪大雪

 いやはや驚きました。
 成人式に出席されたみなさん、お疲れさまでした。まさか、こんなに積もるとは、電車も高速も運休に通行止め、首都機能マヒでしたね。

 わたしは、それもですが2度寝して、デリコさんからのメールの着信音で起きたら午後2時だったという、自分にびっくり仰天でした。
 お正月休み明けの1週目は、すごく長く感じて、休みの癖で宵っ張りはそのままの早起きで、睡眠時間もきちんととれず、時差ぼけみたいな中、緊張して仕事をしていましたから、すごく疲労感がたまっていました。
 土日は用もあって普通に6時7時に起きていたのですが、昨日は出かける用事もキャンセルしていたので、緩みきってしまったよう。
 寝すぎたせいで体中痛くて、頭痛もして、何もしない雪ごもりの一日になりました。もったいなかった。
 数年前なら友達を誘って雪だるまを作ったりしたのになあ。昨日の雪ならだるまを作らなくても、そこいら中が雪像だったけどね。

 三連休の2日目に四谷のカヨちゃんと表参道の銭湯に行って、湯上がりのビールを飲んで、それから有楽町の秋田の物産展でかまくらやなまはげの太鼓ステージを楽しんで、電気ビルの地下で餃子を食べて、銀座のイルミネーションをツアーし、スペインクラブで締めのワインとおつまみを食べた。
 すごく充実して遊んだ1日だった。翌日が寝たきりになるとはつゆ知らず。

d0170324_14463420.jpg

 *銭湯でいっぱい*

d0170324_13332714.jpg

 *秋田の物産イベントで狛犬の秋田犬*

d0170324_13342045.jpg

 *なまはげと太鼓、泣き出す子供と賑やか*

d0170324_13351610.jpg

 *かまくら*

d0170324_14471824.jpg

 *餃子でいっぱい*


d0170324_14455739.jpg


d0170324_13354861.jpg

 *びっくりな初雪*

d0170324_13364266.jpg

 *朝の残雪*
[PR]
by sanponideyou | 2013-01-15 18:10 | 日記

笑って、笑って、笑って。


by sanponideyou
プロフィールを見る
画像一覧