<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

快晴ってやっぱいい!

 まだ、体が借り物状態は続いているのですが、咳が止まりだいぶたつので胸や背中も緩んできました。咳の威力恐るべし、万病のもとだわ。

 昔は捻挫したら小麦粉をお酢でといたやつ貼られて、はがす時がそりゃ痛かった。家には富山の薬売りが来て、クマノイとか、怪しげなネーミングの薬を補充していたっけ、そうそう紙風船をもらったな。
 金沢の玉麩みたいに可憐で綺麗な紙風船、でも、すぐに破れてしまったな。お腹を冷やしたときは煮て暖めたコンニャクをタオルに巻いてお腹にのせられた。
 風邪の日の卵酒、病気のことなのに、なんだか幸せな記憶だ・・・と、甘ったれたことを言ってみた。がらじゃないけど。コンビニもマツキヨもない昭和のことでした。

 今週は仕事も一段落だし、無理しないで今週中に喘息退治するよ! 一日くらい有休とるのも手かな。

 土曜の病院帰りに写した日吉の季節の花たち。

d0170324_15223472.jpg

 *パステルカラーのあじさい*

d0170324_1523496.jpg

 *あじさいの淡い色が好き*

d0170324_15232319.jpg

 *山吹がはしゃいでいる*

d0170324_15234511.jpg

 *土曜日の重たい空*
[PR]
by sanponideyou | 2012-06-26 17:40 | 日記

喘息御墨付き

 いやはや、また、さぼっていましたが怠くて仕事して真っすぐ帰って早めに寝て、土日は一歩も外に出ずにひたすら食べて寝て、という日々でした。

 ひどい咳が続いていて首は痛むし、腹筋は筋肉痛で割れそうだし、満員電車で咳が出ると降りないといけないくらい、以前、咳が続いた時に病院に行ったけれど薬が効かず、ぜんぜん良くならなかったこともあって、風邪薬と咳止めトローチで対処していました。

 いったんは、良くなったので、うわっ久々にビールが飲めると思って、先週の水曜には友人と3人で会う約束もあって、キャセルせずにすんで良かったと思っていたのですが、おいしいスペイン料理のお店に行ったのに、ちょっとスパイシーだったり、辛かったり、酸っぱいものに反応しまくりで、むせて食べられない、あげくの果てにワインもほとんど飲めなくて水でむせるのを止めながら、少しずつ小鳥ちゃんみたいに、ついばむほどしか食べられなかった。実に悔しい。

 翌日の夜には、咳がまた止まらなくなって、デリコさんからのお誘いの日曜にある奏楽館でのウライタナル管弦楽のコンサートをお断りすることに。

 この、断りの電話でデリコさんにきつく「病院に行くように」と言われ、土曜の朝にデリコさんの電話で起こされると「あんたはドラえもんか」と、自分の耳に聞こえる声もハンパじゃない声変わり、「さっさと起きて、すぐに病院に行きなさい!」と朝一の一喝。
 前日に調べておいた近所に3年前くらいにできた新しい行ったことのない病院にトライすることに。

 土曜の午前中で初診だし、待つこと覚悟でいたら(一応ネットでダウンロードした初診問診票は書いて持参した)、座っている間もないほどスイスイと診察していただき・・・若くてかっこいい先生だった・・・、症状を聞いてレントゲンを撮りましょうとなり、これもすぐに撮りすぐに診察室の画面上で大写しの自分の肺にご対面。
 見たってわかりませんが、ちょいちょい線状に白いのはあるけれど大きな白い固まりはないのは、過去の経験でわかる(昔、呼吸困難になるくらい苦しかったときは全体が真っ白だった)、先生も深刻なところは見えませんね、最盛期は過ぎているのでしょう、とのこと。おっしゃる通り。

 初診、しかも喘息の治療がはじめてということに、少々あきれられてしまいましたが、まさか「どうせ病院にいっても良くならないと思ったから」とも言えず、へらへらしてしまいました。

 薬は喘息緩和の気管支を広げるのだったり、抗生物質、漢方薬など6種類ほど出て、昼に服用したり、貼ったり(シールを上半身に貼って気管支を広げる薬)したら、もうその午後から咳がピタリと止まってしまった。

 咳が止まったら首の痛みもなくなった。咳するたびに首に負担があったとは以外、手首は腱鞘炎だし、いろいろ体もガタがきているみたいだ。53年使ってきてメンテもしていなければ、当たり前のサビ方かも。

 まあ、そんなわけで土日は安静にと言われて、言われなくても薬のせいかすぐに横になりたくなって、ほぼ寝たきり。
 今朝はなんとか仕事に出てきたけれど、体が借り物みたいに頼りない。ちょうど、先週いっぱいで急ぎの仕事は終わらせていたので、今日は体慣らしにはちょうどいい、交通費の精算やら事務作業を片付けて定時には帰ろうと思う。

d0170324_1211979.jpg

 *今朝の銀座、そんな季節ですね*

 わたしも、「喘息が早く良くなりますよう」にと、星にお願い。
[PR]
by sanponideyou | 2012-06-25 12:14 | 日記

日枝神社のご巡業@銀座通り

 先ほど、郵便局に行ったら、偶然鉢合わせ。ありがたいことです。

d0170324_16583618.jpg

 *ピーヒャララと御囃子*

d0170324_16594272.jpg


d0170324_17087.jpg


d0170324_1703384.jpg


d0170324_1705443.jpg


d0170324_1705232.jpg


d0170324_1713852.jpg


 いやあ華やかでした。

 まずは写真だけアップしておこうっと。
[PR]
by sanponideyou | 2012-06-08 17:02 | 日記

だらだら

 今日はだらだらな一日。

 えだっちもコメントしてくれたけれど、散歩日和でもなく、早起きして仕事を1つ片付けてメールで送って、ブランチでサラダとトーストを食べて、FOXテレビでNCIS.LA潜入捜査の特集を見ていたら、外を見れば陽が傾いて、まあ、そんな日もあります。

d0170324_2062335.jpg

 *お三時は、天使のチョコリングとノンちゃんからいただいたラスク*

 うまし、幸せは「おいしい」が入口ってことけっこうある。「おいしい」と思える時間が多いのは、余裕と健康と友情があってこそだと、思います。甘露甘露。

 さっき、ニュースを見ていたら、一時騒がれた「草食男子」から、最近「僧職男子」に大きく女子のターゲットはシフトしたようですね。
 なんでも「受け入れてくれる」「仏教が芯にあるので話にブレがない」という事らしいのです。その根底には、悩みを「話せる相手がいない」、自分の中に貯め込むか、占いに頼っていると言うのが3割近くらしいから驚きです。
 わたしが四谷にいるころからあった「ぼうずばー」が、また、大人気らしくテレビにマスター達が出ていたので、懐かしかった。
 日吉と銀座の行ったり来たりになって、はや幾とせ、なのですが荒木町にもまた遊びに行きたくなりました。

 わたしは、悩みを言える相手がいるし、それどころか悩みを聞いて解決を助けてくれる人に囲まれている、それに、こうして「ぶちまけて」・・・いやあ、「発信して」と言い直そう、心理的に日々の荷物(気がかり)を軽くさせてもらっている。
 ありがたや〜、ありがたや。

 なんだか、この歳になると20〜30代の女子がお坊さんに救いを求めているのを聞くと、いやいや同性の先輩として、なにか力になりたいと思ってしまっている自分がいる。
 先輩が後輩の面倒をみる、わたしも沢山助けられた、なにかできないかな〜と、ぼうずばーじゃないけれど、わたしも「聞く人」としてはじめられる事を探そうと思いました。

 まだ、何をどうはじめるかには霞がかかっていますが、やろうと決めたことは、いつだって現実になっているから、きっとやることになります。
 その時は、ヨロシク!
 
[PR]
by sanponideyou | 2012-06-03 18:25 | 日記

さぼりすぎ

 昨日は、突然の雷雨と、夕刻の地震に驚きましたが、みんなご無事ですか?!

 わたしは5月末のコンペがやっとおわり(取れようが取れまいが一区切り)、来週のビッグサイトの現場がすめば、ちょっと一息つけそうです。

 今年も有給休暇を姪っ子の結婚式用に前日1日とったきりで、はや半年。残業、休日SOHOと続けているし、また、去年一昨年の二の舞になる。
 「休みとるぞ〜!」と宣言しておこう。せめて年1週間くらいはとらないと!っです。

d0170324_11253490.jpg

 *昨日、ランチ食べつつ見上げた空_iPadで*
[PR]
by sanponideyou | 2012-06-02 11:33 | 日記

笑って、笑って、笑って。


by sanponideyou
プロフィールを見る
画像一覧